山崎・秋山法律事務所は東京都千代田区飯田橋の弁護士事務所
SERVICE
HOME
蛟倶ココ縺ョ縺雁ョ「讒
蛯オ蜍吝ヲ逅
莠、騾壻コ区腐
蜷遞ョ謳榊ョウ雉蜆
荳榊虚逕」
逶ク邯壼撫鬘
螳カ莠倶コ倶サカ
蜉エ蜒榊撫鬘
蛻台コ倶コ倶サカ
縺昴ョ莉
莨∵・ュ縺ョ縺雁ョ「讒
繧ウ繝ゥ繝
繝励Λ繧、繝舌す繝シ繝昴Μ繧キ繝シ
ご相談の受付
当事務所でのご相談は,予約制とさせていただいております。
お電話か電子メールでご連絡いただき,ご相談のご予約をお取りいただいた上で,当事務所にお越しください。
*お電話や電子メールで直接弁護士が法律相談に回答することは致しておりませんので,ご留意ください。
電話でのお問い合せ先: 03(3230)1056
E-mailでのお問い合せ: 山崎・秋山・山下法律事務所へメール

 

ご予約
受付時間
平日(月曜日〜金曜日)の午前9時30分〜午後6時
土曜日の午前10時〜午後4時
   
ご相談時間
平日(月曜日〜金曜日)の午前10時〜午後6時00分
*弁護士の都合が付く場合には土曜日にご相談をお受けできることもあります。
*1回のご相談は,おおむね1時間程度を予定しております。
   
ご相談料

◇債務整理
  ご相談料無料です。
  *但し,無料でのご相談は1回に限ります。

◇債務整理以外の一般事件
  1時間 10,000円
  30分  5,000円
*別途消費税(令和元年10月現在,10%)がかかります
*通常のご相談であれば,おおむね1時間程度となり,上記1時間のご相談料をいただいております。30分程度で終了した場合には,上記30分のご相談料をいただいております。

1

「事務所ホームページを見た」旨と,下記の3点についてお伝え下さい。
(1) お名前,ご連絡先
(2) 希望されるご相談日・時間帯
(3) どのようなご相談かについて(おおざっぱで結構です)
*お電話の場合,事務局職員が上記をおうかがいいたします。
*電子メールの場合,上記をお書きいただき,ご送信ください。

  矢印
2 ご相談をお受けできる弁護士の日程を確認し,事務局又は担当弁護士より折り返しご連絡致します。その際,ご相談の日時とご相談内容の概略を確認させていただきます。
*折り返しのご連絡は,原則としてその日中に,遅くとも翌営業日中に差し上げ
ます。
*大変申し訳ありませんが,弁護士は多数の事件を同時並行で処理しております。
どの弁護士も他の事件処理に忙殺されており,どうしてもご相談をお受けできない場合がございます。その場合はその旨を事務局より折り返しご連絡致します。
  矢印
3 ご予約いただいた日時に,当事務所にお越し下さい。
*当事務所の地図は,こちらです。
*債務整理の場合は,「債権者一覧表」等に記入をお願いしますので,ご相談時間の15分程度前にお越しください。
  矢印
4 正式に事件処理を依頼するかどうかのご検討
*正式に弁護士に事件処理を依頼するかどうかは,ご相談の上でお決めいただければ結構です。ご相談当日にお決めいただいても結構ですし,後日にお決めいただいても結構です。ご相談の際に,分かる範囲での事件の見通しや弁護士費用の見積もりについてお伝えしますので,ご納得の上でご依頼下さい。
*一般事件については,継続して法律相談をお受けすることも可能です。
line
ご相談の際の留意点

(共通)
*できるだけご本人がお越し下さい。ご親族がご本人の了解のもとご同席いただく
ことは構いません。
*弁護士は守秘義務を負っており,ご相談内容については秘密を厳守しますので,
ご相談者に不利と思われることでもつつみ隠さずお話し下さい。不利な事実も踏まえた上で,適切な解決のための方策を検討する必要があります。
*弁護士への正式なご依頼を考えていらっしゃる場合には,ご依頼の際には委任状
等の作成が必要になりますので,ご印鑑をお持ちください。

(債務整理のご相談の場合)
*ご相談の開始前に,お渡しする「債権者一覧表」等の書式にご記入をお願いしま
すので,次の各点についてあらかじめ整理していただければ幸いです。
(1) 借入れしている業者の名称
(2) その業者から借入れを始めた年月(だいたいで結構ですが,重要な情報です)
(3) 現在のだいたいの利用残高
(4) 保証人や担保があるか否か
*各業者発行のカードと,「ご利用明細書」「契約書」等の業者から受領した書類
をお持ちください。
*正式にご依頼をお受けする(受任する)場合には,業者に受任通知を発送する前
に1万円程度の内金をいただく必要がございますので,ご相談当日に正式なご依頼を考えていらっしゃる場合には,ご用意をお願い致します。

(一般事件のご相談の場合)
*ご相談の内容に関係する書類(契約書,相手方とやり取りした文書等)は,でき
るだけ全てお持ちください。事件に関係するか良く分からない場合にも,とりあえずお持ち下さい。
*もし可能でしたら,事案の内容を簡単に時系列(いつ,何があったか)でメモに
してお持ちいただけますと弁護士が事案を理解しやすくなります。